Macでgitリポからemacsをビルドしてみました

こんにちは。とくにemacs派でもなく、今まではsublimeテキストエディタを主に使っていましたが、そういえば最近のemacsはどうなっているかなとの思いで、emacsのバイナリ[1]をダウンロードして使って見ました。

[1] https://emacsformacosx.com/

すると、日本語変換時にカーソルがチカチカする問題が発生し、いくつかのバージョンを戻して、治りました。

調べてみたら、どうも新しいバージョンの変更による問題のようです。パッチ[2]も公開されています。

[2] https://qiita.com/takaxp/items/e07bb286d80fa9dd8e05

うーん、せっかくだから最新版を使いたいので、色々問題が起きそうでしょうけどソースコードにパッチを当ててビルドしてみようか。(以下読んでいただければおわかりですが、意外とスムーズにできました。)

ソースコードはこちらのgitリポジトリ[3]から取れますね。

[3] http://savannah.gnu.org/projects/emacs/
$ git clone -b master git://git.sv.gnu.org/emacs.git

通常ならばpatchコマンドを使うべきでしょうが、3行ぐらいの変更なので直接に編集しました。バージョンによって行数が変わる可能性もありますので、適宜探してください。

ビルドの方法は、INSTALL.REPOを参照しました。基本は以下の順にコマンドを実行します。

$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make

自分の環境では、./configureでmakeinfoがみつからないと止まり、makeするときにgnutlsがないと怒られましたが、homebrewからtexinfo、gnutlsをインストールすることで解消しました。依存関係のエラーが発生したら、まずはhomebrewから入れられるかどうか、確認いただければいいかなと思います。

また、何か必要で何か要らないかは、この時点ではまだわかりませんので、何もオプションをいじりませんでした。

成功にmakeが完了しますと、nextstepフォルダーの中にEmacs.appが作成されますが、この時点ではダブルクリックしても起動されません。

nextstep/INSTALLによりますと、mac環境ではmake installすればEmacs.appに「インストール」されるようです。
ですので、最後に make install すれば、Tada〜、アプリケーションフォルダにコピーできるEmacs.appができあがりました!

これで日本語入力時のちらつきは解消されました。あとは思い存分.emacsでカスタマイズするだけです。

意外と、簡単でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です